Archive for 4月, 2012

悪質サイトによくあるサイト名   no comments

Posted at 12:44 pm in 攻略

出会いを求めるなら、やはり出会い系サイトが1番のツ-ルでしょう。
出会い系サイトは有料サイトと無料サイトに大別されますが、利用者としては無料を選ぶのは自然な選択でしょう。
しかし「タダより高いモノは無い」と言われる通り、予備知識も無く足を踏み入れると、思わぬトラブルに遭遇してしまうのもこの世界なのです。
そこで今回は、無料出会い系サイトにまつわるトラブルの解説と、それらを避けて上手に出会い系サイトを活用する方法をお話しましょう。

まずは「怪しいサイト」の見分け方のコツからですが、サイト名がその判断材料になります。
露骨過ぎる卑猥なサイト名や、さも出会える事を過剰に謳ったサイト名は要注意です。
「即ヤリ」「即会い」といった謳い文句がその代表ですので、こういったサイトは避けましょう。

対してリスクの少ないサイト名ですが、これは無難で当り障りのない、地味なサイト名がこちらに街灯します。
そんな控え目なサイトこそが、実は優良サイトだったりしますので、この見極め方法を覚えておいて下さい。

他には、利用規約が存在していて、簡潔に記述配信されているかどうかも必ず確認しましょう。
利用規約が見辛かったり、やたら難解に書かれていたり、存在自体が見当たらないといったサイトは利用を避けましょう。
また、同時登録に関しても利用規約に明記せねばなりませんから、必ず文章全体を読んで確認して下さい。

Written by Joakim on 4月 20th, 2012

気楽に付き合える男性を探していました   no comments

Posted at 5:39 pm in 出会い

ハッキリ言ってルックスにはそれなりの自身があるワタシですから、いつも男の人達に言い寄られ続け、彼氏に困った経験はありません。
これまで付き合った男の人達はみんな優しくって、文句を言ったら罰が当たりそうな人ばかりでしたが、それが逆に負担に感じていたのも事実です。
とにかく私に気を遣い過ぎてくれてるのが息苦しかった、というのでしょうか。

もっと気楽に付き合いたいと思い、私の外見を知らない男性と出遭いたくて、出会い系サイトを利用してみる事にしたのです。
今交際している彼氏には十分満足ですから、この関係はそのまま、もう1人の私の欲求を満たしてくれる相手を探してみたのです。
つまり「セフレ」ですネ。

出会い系サイトの大勢の男性会員の方からメ-ルが届いたのは、私がズバリ「セフレ希望」を明記したからでしょう。
それが大きな反響になったと思っています。
やっぱり男の人は皆、セフレを求めてるんだな、ってあらためて認識しました。

そして今、20代半ばの会社員のセフレと知り合う事が出来ました。
彼も優しい男性ですが、彼氏よりもどこか堂々としていて頼もしさが違います。
彼は私が求めていた部分をきっと満たしてくれる存在になってくれる、と感じましたし、実際その通りです。
ちなみにエッチに関しても、彼氏よりこっちの人との方が相性が良いみたいですネ。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

出会い系サイトで出会ったH大好きな女性   no comments

Posted at 5:38 pm in 出会い

「モテ男」っていうと、やっぱ「いつでもセックスやり放題の遊び人」ってイメ-ジかな?・・・男だったら憧れるよネ。
そんな俺、いわゆるチャラ男系になるんだろうけど、正直モテる訳じゃないから、ぶっちゃけ他人事だったんだ。
まっ、俺の人生なんてこんな程度だと半ば諦めかけていたんだけど、ところがどっこい。
そんな俺に、神様が手を差し伸べてくれたんだろうか、ある日「ピロロ―ン♪」と1通の着信を知らせる音が。

読んでみれば出会い系サイトへの勧誘だった。
「こんなので女に出会えるかよ!?」と半信半疑だったんだけど、無料って事だったから、軽い気持ちで登録してみたんだ。
ちなみにそのサイトは初心者向きだったらしく、簡単に操作する事が出来たんだ。

直ぐに使い勝手を掴んだ俺が見つけた、1人の女。
「私はH大好き。誰か相手して下さい」なんて書いてあったから、早速アプロ-チしてみたんだ。
名前はサキちゃんで、とにかくメ-ルからしてエロエロだったんだ。
「これならヤレるかも」と期待を膨らませ、かなり強引にデ-トの約束を取り付け、気合満点で待ち合わせ場所へ。
実物も全身エロのサキとは、会ってそのまま即ドッキング出来てしまった。

とにかくベッドの中のサキは「エロの神様降臨」って感じで、俺は昇天しっぱなし。
遂に夢の「セフレ」が出来て瞬間だったんだ。
とにかく出会い系サイトは神様が発明したんじゃないか、って思う程だ。
今も先とは凄いエッチを堪能する毎日だし、実はそれだけじゃなく、他にもセフレをゲットして、今は4人をグルグル状態なんだゼ。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

性欲処理の方法   no comments

Posted at 5:35 pm in 攻略

今年30歳の美貴さん(職業デザイナ-)は、これまでの人生を振り返る時、「彼氏」という存在は1人だけだったそうです。
職業柄、当然と言えばそうでしょうが、彼女は最先端の流行のファッションに身を包んだ清潔感溢れる女性ですから、
当然周囲の男性は黙っているハズもないのですが、彼女自身「恋愛なんて面倒臭い」という価値感を抱いているのだとか。
これには理由があって、その唯一「彼氏」と呼べた男性が、とにかく彼女を拘束し過ぎたから、だとか。

ですが彼女も1人の女性ですから、性欲が湧きあがる事があって当然ですが、そんな時のために、彼女にはセックスフレンドがいるのです。
相手は45歳の篤さんで、半年程前、大手が運営する出会い系サイトで知り合ったのだとか。
その以前から美貴さんは自身の性欲処理のために、出会い系サイトを活用していたのだそうです。

彼女は基本、身体関係目的での出会いしか求めません。
1回だけの割り切りを求める男性も多いので、既婚者の男性の方がむしろ都合が良いと思い、篤さんを選んだと話してくれました

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

結婚したいと思っています   no comments

Posted at 5:32 pm in 攻略

最近の女性を見ていて気になる事と言えば、「恥じらい」という感覚を完全に失っているとしか思えない点が挙げられます。
極端にスカ-トの丈が短いかと思えば、下ネタを大声で話す女性を見掛けたり・・・本当に悲しくなってしまいます。

こんな私ですから恋愛経験も乏しい男ですが、それでも男女関係が2年間続いている1人の女性がいます。
私から2年間ずっと「付き合って欲しい」と交際を持ち掛け続けているのですが・・・って言うと、何だか変でしょうか?
お察しの通り、彼女はあくまで「セフレ」を希望しているのです。
女性側からこんな事を言われるなんて、本当に時代のせいなのか、私が古いのか、訳が分からなくなってしまいます。
何とも男性的な価値感だと思いますが、それでも「セフレは良くないからキチンと付き合おう」と繰り返しているのです。
ですが彼女からすると「恋人関係」というのが面倒臭いみたいです。
普通のデ-トに誘うと、ことごとく断られますが、ホテルには喜んで一緒に行ってくれる彼女を見ていると、何とも切ない複雑な気持ちになってしまいます。

やはり彼女にはセフレでなく、恋人として交際して欲しくて頑張り続けていますが、このままでは進展は望めそうもありません。
しかしいくら考えても、女性の口から「セフレがいい」という言葉が出る事が、どうしても理解出来ません。
彼女とは出来れば結婚したい気持ちですが、セフレから妻へ・・・そんな道が存在するのかどうか、誰か教えて頂けませんか?

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

出会いを叶える事ができたキッカケ   no comments

Posted at 5:28 pm in 出会い

今編で登場頂くのは、準看護師の23歳の裕美さん(仮名)です。
高卒後この仕事を続けているモノの、勤務時間は不規則かつ過酷な職務ゆえ、ストレスは溜まるばなり。
カラオケが趣味の彼女は、ヒトカラがストレス発散の手段です。
夜勤明けなどに足を運んでいたそうですが、やっぱり寂しさは隠せません。
そんなある日、道で偶然拾ったのが、出会い系サイトのチラシだったのです。
裕美さんはこれをキッカケに、ある「出会い」を叶える事になりました。

仕事でクタクタの毎日で、彼氏を作ろうは思わなかった彼女でしたが、寂しい気持を慰めてくれる相手が欲しかったので、
自分が会いたい時にだけ会えるセックスフレンドを探そうと、この出会い系サイトに登録したのでした。
プロフィ-ルに顔をぼやかせる程度の白衣姿の写真を用いた裕美さん。
掲出直後から大勢の男性から連絡が殺到した中、1人のイケメンの男性が目にとまったのです。
それがホストで21歳の翔さん(仮名)でした。

2人は互いが仕事を終えた早朝、裕美さんがいつも利用するカラオケBOXで出会いました。
2人で乾杯してから交互に少し歌ったのですが、仕事で既に結構お酒を飲んで酔っていた翔さん、
いきなり裕美さんに覆い被さってキスをして来たのです。
裕美さんは身体を弄られ、早くもイってしまう寸前だったそうです。
カラオケBOXでなければ、大きな喘ぎ声はそこら一帯に響き渡っていた程だったとか。
そんな裕美さんも今度は自ら翔さんを頬張り、舐めて吸い上げて精一杯お返しした後、自分からまたがって乗っかって、
そのまま激しく腰を振って、一気に彼をイカせてあげたのだとか。

自分のインランさ加減に自分で驚きながらも、これがキッカケで目的のセフレを見事ゲットした裕美さん。
夜勤明けの疲れも忘れる程の激しいプレイを楽しむ日々だとか。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

生徒と先生の関係は危険   no comments

Posted at 5:26 pm in 攻略

AVや映画でありがちな「生徒と先生」というシチュエーション。意外や意外、現実にも結構こうした関係が存在したりします。

多くの場合は「男性の先生」と「女生徒」ですが、逆のカップルも存在します。海外でもこうした事柄はよくあるようで、ニュースサイトでそうした報道を見かけることもあります。

しかしこの関係に「愛し合うのに年齢など関係ない!」という言葉は通用しません。生徒を正しく導く立場の先生が、無垢な生徒に手を出すわけですから、関係が表面化してしまうと即スキャンダル化してしまいます。

スキャンダル化した場合は生徒側が「被害者」として報じられますが、実際にはそうでないケースも存在します。

子供たちは自分の立場をよく理解しており、何か問題が起こった場合、それが自分を起因とすることであっても世間が自分を「被害者」として報じると知っています。よって、全ての先生が「加害者」であるというわけではありません。

このように、先生が「被害者」であるケースも存在します。生徒からすれば一度でも行為に及べばしめたものです。「他の先生にバラす」「奥さんに話す」など、揺する言葉は沢山ありますし、立場上、先生が第三者に相談することはまず無いと確信しています。こうなると先生はどうしようもありません。どちらに転んでも、結末は変わらないのですから。

AVや映画と違い、こうした関係にハッピーエンドは訪れません。怪しい先生、生徒には関わらないことが無難です。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

男性との関係に悩んでいる女性   no comments

Posted at 5:24 pm in 攻略

セフレでいる女性の中には男性との関係に悩んでいる人が多いと思います。別にセックスだけの関係だと割りきって付きあえていれば構わないのかも知れませんが、一緒に過ごす時間が長くなれば、それだけ情も移るというものですし、そもそも長く付き合えること自体が相手に好意が無ければ出来ないことだと思います。

そんな私はセフレとして2年付き合っていた彼と、この春にやって恋人同士になりました。それまではこちらは好意を持っていましたから「たまにはデートしよう」とか「彼女は作らないの?」とそれらしいことを言って来たつもりでした。しかし彼はイマイチ彼女という存在が面倒臭いのか乗り気では無かったのです。そのくせ、一人暮らしの私の家に週末に泊まりこみにきて、ご飯を食べたりエッチをしたり漫画を読んだり映画を見たりしていました。

きっとすげー便利な女だと思ってるんだろうなぁ~という気持ちと、それでも一緒にいる時間に楽しそうにしている彼をみていたら、決して嫌われてもいないと確信に近い気持ちも持っていたのです。そしてそんなある日、わざと彼の前でワンワンと泣いてやりました。私は泣くようなタイプの女では無く、正直泣くのはズルいと思っていたので彼の前で泣いたことなんかありませんでした。でもその時は急に思い立ってワザと大声で泣いて、いまの状態が辛いと訴えたのです。すると今までの彼の態度が嘘のように、実は大切にしたいと思っていた、これからは大切にするから彼女になってくれと言って来たのです。それからは週末だけでは無く、彼が私の家に転がり込む形で同棲生活をしています。たまには泣いてみるのも手ですよ。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

最初は欲望を満たすだけでした   no comments

Posted at 5:22 pm in 攻略

最初は単純に身体を抱きたかっただけでした。部署の違う同士でたまたま集まった飲み会に参加していた彼女が妙に色っぽくみえたので、2次会が終わってから2人で飲みに行こうと誘い、そのままズルズルとホテルに連れ込んだのです。そしてそれから2年のあいだ、お互いの気が向けば会社の外で待ち合わせてホテルに行く関係が続きました。

最初は単純にお互いの欲望を満たすだけだったのですが、部署が違うといえ職場の仲間。会社の話から始まり徐々に互いのプライベートに話がいくようになり、ある意味で一番気楽に何でも話せる相手になりました。最初は互いに彼氏持ち・彼女持ちだったのですが、付き合っているうちに互いに別れてしまったことも知っていました。

そして付き合いだして2年が過ぎる頃に、どうしても彼女と一緒になりたいという気持ちが抑えられなくなったのです。言い出せばセフレとして楽しく過ごせている今のこの状態さえも崩しかねないだろうと思うと怖かったのですが、それでも彼女と一緒になりたかったのです。ある日、いつものホテルに行く時の連絡とはかえて「たまにはデートでもしよう」と誘いだし、食事の後にプロポーズしました。

彼女はとても驚いた様子でしたが、その場ですぐにOKの返事をくれました。とても嬉しくて彼女に抱きついてしまいました。今は家庭を持つための準備期間として、新居を探したりしていますがとても幸せです。恋人という関係を飛び越えてセフレから夫婦になる二人ですが、幸せが続くように頑張っていきたいと思っています。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012

会社の上司に色々教えてもらいました   no comments

Posted at 5:21 pm in 攻略

セフレになっている女性と聞くと、何か男性に弄ばれてボロボロになっている人を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?そういう私もある時期まではそんな気持ちを持っていました。しかしそんな気持ちが変わったのは、あるとき会社の上司のセフレになってからです。

その彼は仕事の出来る人で、部署を異動して仕事の内容が分からない私に色々と教えてくれました。新人でも無いのに分からないことが多くて、でも同僚にはプライドもあって聞けないことを彼は見にいて先に声を掛けてくれたのです。彼はそんな気持ちは無かったのだと後で確認しましたが、私は好きになって身体を預けてしまいました。ただ彼は妻子もあるし付き合うことは出来ないとハッキリと言って来ました。それでも私は彼のことが好きで、別に家庭を壊すつもりは無いから、たまに抱いてデートして欲しいと頼んだのです。

それから数年のあいだ彼との楽しい時間がありました。最終的には私が見合いをするために田舎に帰ることになり関係は終わりましたが、それまでのあいだに色々なことを教えてもらったと思います。男性が喜ぶセックスの仕方・下着、デートスポットや自分では行けないような高級なお店。食事のマナーもそうですし旅行に行くことも覚えたのも彼がいたからです。

気持ちの面でも良い付き合いが出来たのはもちろんですが、更に女性として綺麗に、また大人としての様々な知識を彼は私にもたらしてくれました。セフレって悪いイメージがありますが、相手次第で自分にも十分にプラスになるものだと思っています。

Written by Joakim on 4月 6th, 2012